夫婦でがっちり!in岡山

アクセスカウンタ

zoom RSS つなぎ売りで年利20%超え ゼンショー株主優待

<<   作成日時 : 2016/07/16 10:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回の失敗を踏まえてつなぎ売りを行いました。
前回の失敗記事
http://fuufudegattiri.at.webry.info/201602/article_5.html

今回は、ゼンショーホールディングスをターゲットにしました。
ゼンショーの株主優待では、すき家、はま寿司、ココス、なか卯等多くの飲食店で使うことができます。
http://www.zensho.co.jp/jp/ir/investor/complimentary.html

まず、SBI証券で、ゼンショーホールディングスの「現物買い」と「信用売り」を行いました。
信用売りは、逆日歩が発生しないように「一般信用取引」にて行いました。←これ大事!
権利付き最終日は、3月28日(月)でしたがギリギリに申し込みをすると信用売りできないことが有ったため、今回は余裕を見て、3月24日(木)の寄付きにて、1000株、1450円にて「現物買い」と「一般信用売り」を行いました。
この時に必要なお金は、現物用145万円、信用取引保証金50万円(余裕を見て)手数料1016円です。
その後は、権利付き最終日の翌日である3月29日(火)に「信用現渡し」と言う、信用売りしていた株を現物で返す手続きを行います。その時にも手数料がかかります。

待つこと数か月、やっと先日優待券が届きました。
画像

ナント!一万二千円分の優待券です

振り返って、収支の計算をしてみます。
獲得優待券12,000円(現金ではないけど…)
手数料2,007円
画像

信用配当金徴収額5,000円
画像

信用売りの場合、配当金はもらえないようです。
配当金3,985円(税金を引かれるため満額はもらえない
利益をかかった費用で差し引きすると、
12000-2007-5000+3985=8978
利益は、8,978円となります。

195万円を8日間証券会社に置いておき約九千円の利益です。
年利に換算すると21%となります。
なかなか良い取引でした。

つなぎ売りをするためには、証券会社への口座開設と信用取引口座の開設が必要となります。
SBI証券であれば紹介することができます。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
つなぎ売りで年利20%超え ゼンショー株主優待 夫婦でがっちり!in岡山/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる